こんにちは

 私はまず何よりも第一に、ご利用者に「安全・安心」に法人内の施設を利用していただき、安全安心の中で、ご利用者ひとり一人に寄り添い、「豊かな時間」を過ごして頂くことを目指しています。

 そしてそれをかなえるためには、「職員にやさしい会社」経営をしなければいけないと考えています。

 私たちの仕事は、障がいのある方に様々なサービスを提供する会社です。ご利用者の大切な人生の時間を共に過ごすことが仕事です。安心安全を第一に考え、豊かな時間を提供すことが仕事です。

 人と人が直接つながり同じ時間、同じ空間を共にします。人と人が向き合う仕事なので、その時の職員の心の在り方は、サービスに大きく影響すると考えています。

 会社が職員を大切にしないと、職員はご利用者を大切にすることはできないと考えます。

 安心安全で活き活きと働ける職場環境を用意することが、上質なサービスを提供する土台になると考えています。職員が柔らかい心でご利用者に向き合うことができるように経営をしていきます。

 現在、240人を超える職員が働いています。240個の価値観が存在しています。とても多様です。このことは法人の強みと考えています。多様な価値は、同じく多様なニーズや価値を持ったご利用者に対応するには最適です。変化の激しい世の中に対応するにも多様性は強みになると思います。しかし、多様性は時にはまとまりがなくなる原因にもなります。「職員にやさしい会社」と言っても人それぞれやさしい会社のとらえ方は違うと思います。240人も職員がいれば240通りのやさしい会社があると思います。また、時代によっても違ってくると思います。でも、よく話し合い、考えれば必ず答えは出ると信じています。

 時代や人によって違いがありますが、普遍的に必要なことは、私たちの会社で働くことで成長できると思えること。働く仲間同士認め合えることだと考えています。

 「職員にやさしい会社」への道のりは遠いのかもしれません。でも、あきらめることなく挑戦していきます。

 それぞれの職員がやりがいをもって働くことで、笑顔の職員が素敵なサービスをご利用者に提供する。ご利用者もご家族も笑顔になる。とても素敵な仕事だと思います。

 私ももう福祉の仕事は40年近くになります。時には疲れたり、いやになったり、落ち込んだり、大きな失敗もしてきました。しかし、この仕事を通じて多くのことを学び、多くの人と出会い成長してきました。私は、この仕事が好きです。職員たちが同じように思い、いつでもご利用者、ご家族が笑顔でいられるように努力していきます。

社会福祉法人 ボワ・すみれ福祉会
理事長 田部井 眞